「かぶこっこ」とは

2013年 歌舞伎をこよなく愛する関亜弓と瓜谷茜(EVA)が
雑誌の企画で意気投合。

2016年 同世代に楽しめる歌舞伎を広めるべく、「かぶこ」を立ち上げる。
現在も隔月で、わかりやすい歌舞伎のおはなしとイラストで構成する歌舞伎イベント
「神田de歌舞伎」を開催中。

2017年 亜弓の出産を期に、「気づけば歌舞伎がそこにある」環境づくりを目指し、
やさしく、たのしく、開かれた歌舞伎のイベントや観劇会を親子向けに開催。

「歌舞伎のタマゴをゆっくりヒヨコに」というおもいを込めて
親子向けの歌舞伎イベント<かぶこっこ>と命名。

ベビーと一緒にはじめる歌舞伎「かぶこっこ」

芝居町・浜町に昨年秋オープンした複合施設「Hama House(ハマハウス)」にて親子の歌舞伎イベントを開催!天井が高く、一階はブックカフェでもあるこの施設。(安産祈願で有名な水天宮のすぐ近くでもあります)是非、素敵な交流の場になったら嬉しいです。
《イベント公式ページ》

「歌舞伎?カブキ?KABUKI?」その1. 赤ちゃんと始める、ママ・パパのための歌舞伎「かぶこっこ」

—————————————–
“赤ちゃんと歌舞伎”で始まるパパ・ママ交流の場「かぶこっこ」

日々子育てに奮闘中の親御さん向けに、0歳の赤ちゃんから一緒に参加できる歌舞伎イベントです。
そもそも歌舞伎って何!?というところから、親子観劇デビューに向けた「かぶき裏道入学」的なおはなしまで。参加するお子さまの月齢にあわせたWSなども予定しています。
子育てのお悩みの共有、日々がんばるパパママのリフレッシュの場に!
平日のお昼、おやつ(かぶこっこ限定メニュー・桜のシフォンケーキをつくっていただきます!)を食べながらお子さまと一緒にカブキの世界に飛び込んでみませんか?お子様向けの絵本も多数ご用意してお待ちしています。
歌舞伎の卵からゆっくりヒヨコに。「かぶこっこ」あつまれ!

■ 開催日 4月13日(金)14:30~16:00(入退場自由)
■ 参加費 ¥2,500(桜のシフォンケーキ、お飲物、おみやげ(カゴメさん提供のベビー向けジュース)付/税込・当日支払)※お子さま無料(お食事を召し上がるお子さまは有料となります)
■ 定員 15名
■ 登壇者:関亜弓 イラスト:瓜谷茜

【関連イベント】
食べて飲んで楽しむ「おいしい歌舞伎」
《イベント公式ページ》

「歌舞伎?カブキ?KABUKI?」その2. 食べて飲んで楽しむ「おいしい歌舞伎」


<歌舞伎と日常を結びつけること>がモットーのトークイベント。桜が美しい季節に春を感じるお食事、お酒、そして歌舞伎のお話とイラストで彩りを添えます。歌舞伎”で”楽しまないのはもったいない!
偶然みつけたレストランに飛び込む気持ちで、まずは気軽に遊びにいらしてください。
■ 開催日 4月19日(木)19:00~20:30
■ 参加費 ¥4,000(税込/季節のお料理、ワンドリンク付/当日支払)
■ 定員 15名
■ 登壇者:おくだ健太郎、関亜弓
イラスト:瓜谷茜

【完売御礼】「歌舞伎いまじナイト 三段目」開催決定

2018年3月13日に、第三回目の開催が決定しました。
果てしない想像力・創造力をお持ちの歌舞伎俳優・坂東巳之助さんと坂東新悟さん。お二人による新しい歌舞伎の見方・遊び方は2014年の第一回目以降多くの人を驚かせ、楽しませてきました。
待望の第三回は、定番となったコーナーはもちろん、新しい企画も満載の予定。お二人の豊かなイマジネーションの世界にどっぷり浸かって頂き、これからの歌舞伎の楽しみを倍増させてください!
「歌舞伎いまじナイト」にちなんだ当日だけの特別メニューやグッズも販売します。
歌舞伎、いまじゃないと!

【出演】 坂東巳之助、坂東新悟
【司会】 テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)
【企画・構成】 坂東巳之助、坂東新悟、関亜弓
【ファッションショープロデュース】 久保田卓也