NEWS

書籍「乙女のための歌舞伎手帖」 6月発売予定

「乙女のための歌舞伎手帖」(河出書房新社)
単行本 A5 ● 160ページ
ISBN:978-4-309-27847-6 ● Cコード:0074
発売日:2017.06.19(予定)
予価1,404円(本体1,300円)

歌舞伎初心者の方に優しい、楽しい本が出版されます。

■歌舞伎を楽しむための八カ条 

■歌舞伎必携  
・趣味嗜好別! 演目ガイド
・これだけ押さえておけば大丈夫! 歌舞伎用語集
・歌舞伎をより楽しむためのブックガイド

を担当させていただきました。
是非お手にとってご覧ください。

歌舞伎女子大学 <オリジナルフォトブック>遂に完成!

2016年pafe.GWC内で上演された『菅原伝授手習鑑に関する考察』の
オリジナルフォトブックを刊行いたしました。

歌舞伎女子大学とは?考察シリーズとは?
などのご質問のアンサーになるような、読み応えたっぷりの内容となっています。
また、舞台衣裳のご協力をいただいた三松/ふりふさんと
再度タッグを組ませていただき、
心躍る着物コーディネートも紹介しています。
観劇された方も未見の方にもお楽しみいただける、かぶじょフォトブック。
是非お求めくださいませ。

収録内容はこちら(かぶじょ公式サイトより抜粋)
——————————-
「かぶじょフォトブック」
着物という魔法の力をかりて、
かぶじょの世界を本にしました

\掲載内容(全28ページ)/

■『菅原伝授手習鑑に関する考察』×ふりふ×三松

 役をイメージした新たなコーディネートをお届けします
 未発表の舞台写真も多数掲載!

■かぶじょ×ふりふ×三松

 かぶじょが着物の世界で遊んでみました
 キュートでポップな着物スタイルを提案します
——————————-
 価格:1000円(税込、送料込)

お申込はこちらから

下記QRLコードからもお申込みいただけます

歌舞伎レストラン「歌舞伎でお花見!~春の味覚をほろ酔い気分で~」

コンセプトは歌舞伎をエンターテインメントとして楽しみ、盛り上げる大人の拠点。歌舞伎をより身近で刺激的なエンターテインメントにしていきます。
暖かくなり、草花が芽吹く季節、4月。今回は歌舞伎の舞台でも満開の桜を楽しめる『吉野山』や、お花見に欠かせない“お酒”がキーになるお話『魚屋宗五郎』などを取り上げながら、「3rd_PAGEでお花見を」をテーマにお送りします。
シェフがお芝居からインスピレーションを受け、春の素材を使ってお皿の上で繰り広げる、舌で楽しむ歌舞伎もお楽しみに。江戸時代、切符の手配や案内を請け負うほか、食事や社交の場として成り立っていた「芝居茶屋」のようなサロンが青山に誕生します。

*当日は着席でお食事・お飲物をお召し上がり頂きながらトークをお楽しみいただきます。

定員:限定50名
参加費:会員様4500円/非会員様5000円(税込、アルコールを含むお飲物、歌舞伎演目マリアージュのお食事付)
実施日/時間:2017年4月17日(月) 18:30開場 19:00~21:30
講師:おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)
関亜弓(歌舞伎ライター)

お申し込みフォームはこちら

【神田de歌舞伎】-歌舞伎のなかの別れ、旅立ち-

来月の歌舞伎の見どころを、初めての方にも楽しく観ていただけるよう、事前に柔らかく解説するのが神田de歌舞伎「そうだ、歌舞伎に行こう!」。
3月は卒業シーズンということで、歌舞伎演目の中の別れや旅立ちに焦点を当ててお話します。
親子や恋人同士の別れ、また新たな生活が始まる予感としての旅立ち…
翌月四月の上演演目を取り上げながらわかりやすく解説します。
歌舞伎は難しそうで…と踏み出せずにいる方、いつもと違う視点で観てみたい方、
是非ワテラスにお越しください!

■ 日時 3月21日(火)19:00~20:30(18:40受付開始)
■ 場所 ワテラスコモン1F サロン

■ 参加費 ¥1,500(税込/茶菓子付/当日支払)
■ 定員 30名
■ ゲスト おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)、関亜弓(歌舞伎ライター)

お申し込み・お問い合わせ

◆申込:フォームよりお申し込みください

※03月17日(金) 12:00pmまで
**************************************
主 催:一般社団法人淡路エリアマネジメント
共 催:グッドモーニングス株式会社

【満員御礼】歌舞伎レストラン -中村隼人さんと五感でたのしむ歌舞伎の魅力-

ご好評につきお申込を閉め切らせていただきました。
沢山のご応募ありがとうございました。

——–(公式サイトより)———–
コンセプトは歌舞伎をエンターテインメントとして楽しみ、盛り上げる大人の拠点。
江戸時代、切符の手配や案内を請け負うほか、食事や社交の場として成り立っていた「芝居茶屋」のようなサロンが青山に誕生します。

今回は古典から新作歌舞伎、そしてテレビドラマなど映像でも大活躍の花形歌舞伎俳優・中村隼人さんをスペシャルゲストにお招きします。2017年の幕開けを飾るにふさわしい、「新春浅草歌舞伎」で隼人さんが演じるお役や演目に注目!3rd_PAGEのシェフがお芝居からインスピレーションを受け、お皿の上で繰り広げる、舌で楽しむ歌舞伎もお楽しみに。

*当日は着席でお食事・お飲物をお召し上がり頂きながらトークをお楽しみいただきます
定員:限定50名(先着順。定員となり次第締め切らせていただきます)
参加費:会員様5400円/非会員様7000円 (税込、アルコールを含むお飲物・歌舞伎演目マリアージュのお食事付)
実施日/時間 12月16日(金) 18:30開場 19:00~21:30 

ゲスト
中村隼人さん(歌舞伎俳優)
おくだ健太郎さん(歌舞伎ソムリエ)
関亜弓さん(歌舞伎ライター)

ゲストプロフィール

中村隼人
歌舞伎俳優。屋号は萬屋。二代目中村錦之助の長男。平成14年2月歌舞伎座『菅原伝授手習鑑 寺子屋』松王丸一子小太郎で初代中村隼人を名のり初舞台。来年の浅草公会堂「新春浅草歌舞伎」(1/2~26)では、『御存 鈴ヶ森』をはじめ、4演目に出演。CM「揖保乃糸」(兵庫県手延素麺協同組合)、「五大陸」(オンワード樫山)、LaLaTV「メンズキッチン2」、NHK-FM「邦楽ジョッキー」にもレギュラー出演中。